相続税の対策

2015年からは首都圏や大都市に限れば、20パーセントくらいが相続税の対象になるのではないかと言われています。

それは、高額な相続財産に土地が占める割合が高いからです。

増税の緩和措置として小規模宅地等の特例の適用範囲が拡大されることは決まっています。

現在、居住用は240平方メートルまでが特例の対象ですが、2015年から330平方メートルまで小規模宅地等の特例の適用範囲が引き上げられるのです【参考サイト:税理士法人チェスター】。

相続税の節税対策によく使われるのが贈与税の基礎控除で、これは1人当たり毎年110万円までですが、毎年利用することが可能で、法定相続人以外にも利用できるメリットがあり、孫などを加えていくと、かなりの節税効果が期待できます。

孫の教育資金を非課税で生前贈与出来る仕組みもあり、相続税の対策は早めに信頼出来る税理士さんを見つけて始めるのがオススメです。

Comments are closed.